更年期障害 薄毛 予防

更年期障害の薄毛・抜け毛予防

更年期障害は予防できるのか?

ホルモンバラスの崩れから来る更年期障害を完全に予防することは難しいと思われるのですが少しでも症状を軽くするように毎日の生活の中で気をつけていきましょう。
毎日の食生活や運動・正しい睡眠時間などを習慣付けることで症状の緩和ができます。

 

更年期障害から起こる複合的な病を少しでも抑えるように心がけるようにしたいものです。

 

 

食生活と運動

食生活:更年期障害の予防にいいとされる食品は大豆製品・青魚・緑黄色野菜などでしょうか?

 

ビタミンC,E,B群、カルシュウム、イソフラボン、DHCなどがいいと言われています。
逆に脂肪分と塩分のとりすぎには気をつけないといけませんね。

 

とにかくバランス良く食べることで改善をはかるといいのではないでしょうか。

 

生活習慣:適度な運動をするのがお薦めです。
ウォーキング・水泳などの有酸素運動を軽く1時間くらいするのが効果的ですね。
更年期になるとホルモンバラスの崩れから骨粗鬆症になりやすく骨密度が低くなるので、激しい運動は避けたほうが良いですね。

 

このように更年期によい食べ物と適度な運動を習慣付けることで更年期障害の症状を軽くして毎日を明るく過ごしていきたいものです。

 

 

ストレスを感じない毎日を

また更年期障害は自律神経を刺激して精神状態を不安定にさせる症状も出てきます。
更年期障害からうつ病になる人もいるのですから気をつけなければいけません。

 

特に日々の生活の中でイライラして過ごしたり、くよくよ悩むことが病状悪化の原因になります。
落ち着いた音楽を聞いて心を落ち着かせたりアロマを炊いてラベンダーの様な香りに包まれるのも精神を安定させてくれます。

 

また悩み事を抱えるのも良くありませんので小さなことであっても改善できることは行動しましょう。
きちんと夜眠ることで精神状態も安定してくるので遅くても10時くらいには布団に入り7〜8時間はじっくり睡眠を取りたいものです。

 

一人で抱え込むのが病状にとって一番いけないことですですから
更年期障害の症状が重いと感じられたら早く病院に相談するようにしましょう。

 

 

 

ラサーナ薬用地肌エッセンスで髪と頭皮を健康に/TOP