ストレス 薄毛

更年期障害はストレスが原因?

更年期障害の原因とは

女性が閉経前後の10年かを更年期と呼び女性ホルモンであるエストロゲンの急激な減少が原因で起こる身体的な不調や精神的不調をまとめて更年期障害と呼んでいます。
症状の酷い人になれば日常生活を送ることも困難な場合もあります。
軽い症状を合わせると女性の8割が更年期障害に悩まされています。

 

若いうちは脳からエストロゲン分泌を命令された体は卵巣から十分なエストロゲンを分泌できるのですが、加齢と共に卵巣はエストロゲンを分泌できなくなります。
しかし脳は若い時と同じように刺激を与えるためホルモンバランスを崩す結果になるのです。

 

エストロゲンの分泌を命令する場所と自律神経を司る場所が一部密接に関係しているので、精神のバランスを壊しやすくしてしまうのが更年期障害の原因になります。

 

 

ストレスが更年期障害を悪化させる

このように自律神経の失調が更年期障害の原因ですから真面目な人程症状は悪化しやすいようです。

 

体調がすぐれないまま仕事をして他人との人間関係に悩まされたり、毎日の生活の中で感じる孤独感のストレスなど数々のストレスが原因で更年期障害を
悪化させてしまう人が多いのです。

 

悪化の原因のもう一つが更年期障害に気が付かないという人もいるようです。
なぜなら最近では30代後半から更年期障害の症状が出る人も結構いるからです。
まさかこの年代で更年期障害?と思わない人が多いようですね。

 

 

毎日の生活から改善

病院にかかる程ではないと思っているのであれば毎日の生活から症状を軽くして行きましょう。

 

とにかくストレスを溜めないことから始めましょう。
適度な運動をすることで心地よい疲れが毎日ぐっすりと眠れるようにしてくれるでしょう。
しかし更年期障害の腰痛などの症状もあるのでウォーキングなどの有酸素運動がお薦めです。

 

また美味の生活で少しでもストレスとなる原因を取り除くのもいいですね。
アロマなどを使ったリラックス効果の高いものや十分な睡眠でストレスや悩み事を減らすように心がけましょう。

 

 

 

ラサーナ薬用地肌エッセンスで髪と頭皮を健康に/TOP